07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

発言する保護者ネット

Author:発言する保護者ネット
橋下市長と大阪維新の会が掲げる「教育基本条例案」で、本当に大阪の教育は良くなるのでしょうか。私たちは、子どもたちのための教育改革を願って発言をはじめます!

入会Q&A 連帯宣言

●●連帯宣言●● ●●入会Q&A●● ●●抗議と決意●● 

最新記事

Twitter @hogosyanet

Twitter < > Reload

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

03/28のツイートまとめ

2012.03.29 08:51|ツイートのまとめ
hogosyanet

@t_ishin @Magma_Ocean 発言する保護者ネットワークfrom大阪は、すべての子どもたちに行き届いた教育内容を求めています。不満を持っているのは北野高校の生徒だけではありません。教育に、せめて同じ環境で競い合える予算をつけてください。
03-28 22:50

先生と保護者は敵同士ではありません。子どもの成長を見守る最も身近で責任ある大人たち。手をとりあって、連携しあって、はじめて子どもが見えてくるはず。保護者が先生を評価する「学校協議会」など必要ありません。大人が、子どもの育ちを注意深く見られる環境こそが必要です。
03-28 00:25

大阪市議会で継続審議になった教育条例。橋下市長は、保護者に教員評価を課す「学校協議会」が設置できない場合、その学校では教員の相対評価を取り入れるという案にこだわっているそうです。下位5%をどうあっても作りたい、教員に懲罰的でありたいのは何故?やはり人員削減目的?
03-28 00:24

アメリカでは、経済格差が歴然と教育の格差になりました。富裕層は今も良い公立学校の近くに居住できていますが、貧困地域では、必然的にテストの点が低いために閉校が相次ぎました。貧困層の地域からは学校が奪われています(MBSラジオたねまきジャーナル)。同じことを大阪でもやるの?
03-28 00:08

アメリカでは教員は終身雇用でしたが、落ちこぼれゼロ法後、新任の先生が5年後残っている確率は50%を切っているとか。教員はキャリアを積める専門職だったのに、いまや不安定な短期雇用の職になっているそう(MBSラジオたねまきジャーナル)。これ大阪の未来図?
03-28 00:02

スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント