07 | 2017/08 | 09
-
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

発言する保護者ネット

Author:発言する保護者ネット
橋下市長と大阪維新の会が掲げる「教育基本条例案」で、本当に大阪の教育は良くなるのでしょうか。私たちは、子どもたちのための教育改革を願って発言をはじめます!

入会Q&A 連帯宣言

●●連帯宣言●● ●●入会Q&A●● ●●抗議と決意●● 

最新記事

Twitter @hogosyanet

Twitter < > Reload

カテゴリ

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

訪問者数

検索フォーム

リンク

QRコード

QR

05/24のツイートまとめ

2012.05.25 03:44|ツイートのまとめ
hogosyanet

教育の場には、「管理と競争」よりも「励ましと支え合い」が必要だと思います。子育て世代の声を、じっくり聞いてください。―― 大阪市教育行政基本条例・学校活性化条例の拙速な成立に反対する要請書の内容は、こちらです http://t.co/1f2VRQ27
05-24 14:33

5月24日、大阪市議会の議員控室をまわって、「大阪市教育行政基本条例・学校活性化条例」に反対する要請書を提出しました。保護者の声をじっくり聞かずに、学校を「勝ち残り競争」ばかりの殺風景な場所にする条例には反対です http://t.co/TRRqlzk6
05-24 14:32

人間は多様な人々の中で共に支え合い、学び会いながら豊かな成長を遂げる。子ども達を競争させることで分断、排除するところからは豊かな人間性は生まれない。こんな時代でも、親や学校、地域の人が連携して豊かな心をはぐくむ教育が出来るはずです。排除より共生を。(小学生の子の父)
05-24 01:07

子どもも、先生も、どちらも、しんどくなるな。。。この先、心の豊かさなんて、どうでもよくなる時代に、なるのかな。。と、不安でいっぱいです。(高1.中2.小4の母)
05-24 01:05

日々子供達のために心を砕いてくださっている先生方に足りないのは、何よりも時間と余裕です。外形的な評価や管理や競争を押し付けるのではなく、先生方や子供達をサポートする政治を望みます。(小4・中2の子の親)
05-24 01:04

私たちは先生と「敵対」ではなく「連帯」で、子どもたちを育てていきたい。教育を取り巻く問題は、生徒や家族を個別にサポートして改善していくべき。表層部分だけに目を奪われず、その深部にある、深刻な学びの「貧困」・家庭の貧困・子どもたちの苦悩を、まず改善すべきです。(未就学児の母)
05-24 01:03

教育条例によって教員同士がライバルになり、さらに保護者と教員が評価する側とされる側に分断されてしまえば、チームワークが期待できなくなります。私は、そんな学校に子どもたちを通わせたくありません。教育条例の拙速な採決をしないでください。(未就学児の母)
05-24 00:59

教育条例が施行されて校長や教員への「評価」が厳しくなれば、校内・学級内で起こった問題が隠蔽されるようになり、必要な情報がむしろ保護者に届かなくなるのではないでしょうか。学力テスト結果や教員評価分布よりも、日々の学校生活で先生と率直に情報交換する方がずっと大切です。(2児の母)
05-24 00:58

スポンサーサイト

コメント:

非公開コメント